前へ
次へ

不動産売却を考え始めたら行っておくべきこと

不動産売却を考え始めたら幾つかの事柄を行っておくことにより、トラブルを避け良い条件での売却を実現させることができます。
実際に不動産を売却する前に必ず行っておきたい一つのこととは、不動産の相場を把握しておくことです。
自分の不動産の売却金額を設定するに当たって相場を知っておかないと、高く設定し過ぎてなかなか売れなかったり、逆に低く設定し過ぎて損をしてしまうことがあるからです。
不動産売却を考える際に、売却にも様々な経費がかかるという点を念頭に置いておくのはよいことです。
売却した金額がそのまま入ってくるわけではないため、諸経費にかかる金額をある程度予測しておかないとローンだけが残ってしまうという残念な結果にもなりかねません。
売却時に必要となる経費の中には、仲介手数料や印紙代に加え、譲渡益課税や抵当権抹消登記費用などが含まれます。
これらに加えて、売却予定の不動産にはローンが残っているか、残っているとしたらどのくらいなのかをきちんと把握しておくことが必要です。

Page Top