前へ
次へ

不動産売却を考え始めたら行っておくべきこと

不動産売却を考え始めたら幾つかの事柄を行っておくことにより、トラブルを避け良い条件での売却を実現させ

more

購入した不動産で畑をやるつもりです

畑付きの不動産を購入しました。
もともと実家が農家なので、将来は実家に帰って農業をやるつもりで

more

リフォームの依頼は工務店がおすすめ

中古住宅では、内装だけでも一新させたい、そうした声もあり、リフォームが定着しています。
不動産

more

長期優良住宅に求められるバリアフリー性

住宅を建てるときはこれから住む住人の住みやすさを考慮するでしょう。
若い夫婦と小さい子供がいる家族であればその人たちが住みやすい住宅を建てたり購入したりします。
一方夫婦の親など高齢者も一緒に住むのであれば最初から一定のバリアフリーの設備を入れることも考えなくてはいけません。
ただ若い人たちだけが住む住宅に無駄にバリアフリー性を入れるのは住みにくくする可能性があります。
手すりなどがあれば便利ですが、必要が無ければただの突起物になりけがをする設備になります。
でも手すりなどは後からつけるのであればつける部分の壁を補強しておく必要があるでしょう。
長期優良住宅と認定されるといろいろな優遇が受けられますが、その住宅の条件には将来のバリアフリー性があります。
もちろん段差をなくすなどは最初から付けても良いでしょうが、将来的にバリアフリーに容易にできるような仕組みが整っているかがポイントになります。
建築士にどうすればいいか相談すると良いでしょう。

マンションリフォーム 愛知

外断熱素材を使った建築をするなら

鉄筋コンクリート 住宅

あなたも投資家デビューをしませんか?
将来の資産運用のためにまず資産形成資の段階でマンション投資に興味をもつサラリーマンの方が増えています。

Page Top