前へ
次へ

長期優良住宅は通常より耐震性能が高い

日本は過去にたくさんの地震が起きていて、大きなものだと建物の倒壊が起きるなど人の生活に大きな影響を及ぼします。
通常なら起きる災害は防ぎたいところですが、今のところは人の力で防ぐ方法はなく起きた時にどう対応するかを考えなくてはいけません。
またいつ起こるかなどの予測も難しいとされています。
通常の住宅よりもより長く住むことができるとして長期優良住宅があり、認定されれば色々な優遇が受けられます。
その条件の一つに耐震性があります。
耐震性は地震が起きた時に建物が倒れない仕組みがあるかであって、建物自体の損傷に関しては問いません。
一般的には耐震等級1級を満たしていれば良しとされます。
長期優良住宅に認定されるには一般の基準よりも厳しい耐震等級2級以上でないといけません。
また地震の時の揺れ自体を抑えてくれる免震性能があると認定されるときもあります。
大きな地震が来た時に倒れないだけでなくその後も長く住める建物かどうかがポイントになるでしょう。

Page Top